“意外な食品”が腹部膨満感の原因に?

食後の腹部膨満感は、繊維質の多い食事ではなく、“意外な食品”が原因かもしれない―。米ジョンズ・ホプキンズ大学ブルームバーグ公衆衛生大学院のNoel Mueller氏らの研究から、塩分を取り過ぎた時に、腸が過剰に反応して腹部膨満感を引き起こしている可能性が示された。同氏は「減塩は、腸内ガスの発生を防ぎ、腹部膨満感の症状軽減に効果的なだけでなく、健康的で食物繊維が豊富な食事を続けるのにも役立つ可能性がある」と述べている。研究の詳細は「American Journal of Gastroenterology」7月号に掲載された。
““意外な食品”が腹部膨満感の原因に?” の続きを読む

糞便移植で感染症による死亡例、米FDAが警告

健康な人の便に含まれる腸内細菌を患者に移植する「糞便移植」は、さまざまな疾患に対する新たな治療法として広がりつつある。こうした中、米食品医薬品局(FDA)は6月13日、糞便移植を受けた患者で死亡例が発生したことを発表。糞便移植には、重篤な感染症のリスクを伴う可能性があると警告を発出した。
“糞便移植で感染症による死亡例、米FDAが警告” の続きを読む

男性の大腸がん予防に「ヨーグルト」が有益?

健康に良い食品として知られるヨーグルトは、男性の大腸がん予防につながる可能性があるようだ。米ハーバード大学医学大学院教授のAndrew Chan氏らが行った研究で、ヨーグルトを週に2サービング以上摂取する男性では、摂取しない男性に比べて大腸がんの前がん病変ができるリスクが26%低いことが明らかになった。一方、女性ではこのような関連は認められなかったという。研究の詳細は「Gut」6月17日オンライン版に掲載された。
“男性の大腸がん予防に「ヨーグルト」が有益?” の続きを読む

「PPI長期使用で死亡リスク増」に新たな報告、米研究

胸やけの治療に広く用いられるプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期にわたり使用すると、心血管疾患や慢性腎臓病(CKD)、上部消化器がんによる超過死亡リスクが高まる可能性があることが、米ワシントン大学セントルイス校のZiyad Al-Aly氏らの研究で示された。研究の詳細は「BMJ」5月30日オンライン版に掲載された。
“「PPI長期使用で死亡リスク増」に新たな報告、米研究” の続きを読む

2型糖尿病はNAFLD患者の肝線維化進展のリスク因子か 中年期の日本人患者約1,500人を分析

中年期の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)患者は、2型糖尿病が併存すると高度な肝線維化への進展リスクが高まる可能性があることが、大垣市民病院(岐阜県)消化器内科の多田俊史氏らの研究グループの検討で分かった。2型糖尿病は、年齢(50歳以上)と血清アルブミン低値とともに高度な肝線維化への進展の独立したリスク因子であることが示されたという。研究の詳細は「Journal of Gastroenterology and Hepatology」5月21日オンライン版に掲載された。
“2型糖尿病はNAFLD患者の肝線維化進展のリスク因子か 中年期の日本人患者約1,500人を分析” の続きを読む

切除不能の局所進行膵臓がん治療に光

局所進行膵臓がん患者に対し、従来の化学療法レジメンに降圧薬のロサルタンを併用した新しい術前補助化学療法を実施したところ、従来であれば切除不能とされる腫瘍を手術で摘出し、生存率の向上につなげられたことが、米マサチューセッツ総合病院の研究グループが実施した第2相の臨床試験で報告された。この結果は「JAMA Oncology」5月30日オンライン版に発表された。
“切除不能の局所進行膵臓がん治療に光” の続きを読む

米国でA型肝炎患者の報告数が急増、CDC調査

米国では、A型肝炎患者の報告数が2013~2015年に比べて、2016~2018年には294%急増したことが、米疾病対策センター(CDC)肝炎ウイルス部門のMonique Foster氏らの調査で明らかになった。A型肝炎ウイルスへの感染はワクチン接種により予防できるが、薬物乱用者とホームレスを中心に感染例の増加がみられているという。調査の詳細は、CDCが発行する「Morbidity and Mortality Weekly Report」5月10日号に発表された。
“米国でA型肝炎患者の報告数が急増、CDC調査” の続きを読む

虫垂切除でパーキンソン病リスクが高まる?

虫垂切除術を受けた患者は、受けなかった患者に比べてパーキンソン病を発症するリスクが高まる可能性があることが、米ケースウエスタンリザーブ大学のMohammed Sheriff氏らの研究で明らかになった。この研究結果は、米国消化器病週間(DDW 2019、5月18~21日、米サンディエゴ)で発表された。
“虫垂切除でパーキンソン病リスクが高まる?” の続きを読む

人気の紅麹サプリで肝障害に、米症例報告

自然な形でコレステロールを下げることができると考え紅麹サプリメントを摂取したある女性が、急性肝障害を発症した。「BMJ Case Reports」3月25日オンライン版に掲載された米ヘンリー・フォード・ヘルスシステムのLize Loubser氏らの報告書によれば、この女性の急性肝障害は紅麹サプリメントの摂取により誘発されたものと考えられたという。
“人気の紅麹サプリで肝障害に、米症例報告” の続きを読む

高脂肪食は腸内細菌バランスに悪影響か?

1日の摂取カロリーのうち40%を脂肪から摂取する高脂肪食を半年間続けると、腸内細菌叢のバランスに悪影響を及ぼすことが、青島大学栄養・健康研究所(中国)のDuo Li氏らの研究から明らかになった。詳細は「Gut」2月19日オンライン版に発表された。
“高脂肪食は腸内細菌バランスに悪影響か?” の続きを読む